スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
良いものを貰ったので…
2009 / 03 / 16 ( Mon )
学生さんたちのお引越しもひと段落し、大きなトラブルもなくホッとしております。松本ですkao03
今年は昨年度の反省を活かし、事前に水廻りのチェックから、給湯器の点火テストまで確認しておりましたので、入居後の修理などが激減しましたピース
そのため、去年よりも来店されるお客様の数は増えているにもかかわらず、ずいぶんと時間的余裕ができています。

さて今回の議題ですが、宅建協会さんより頂いた【住宅賃貸借契約の手引】なる冊子にて記載されていた一文について。
以下抜粋↓

○預り金について
  入居申込みの際に、媒介業者から申込金・申込証拠金・予約金・交渉預り金などの名目でお金を入れることを求められることがあります。このお金の返還をめぐってトラブルがみられます。申込者が申込みの撤回(キャンセル)をしたとき、宅建業者にはこのお金を返還することが義務付けられています。


……契約しなかったんだから、お金を払う必要はないにきまってますよね?
分譲マンションの売買や、土地の売買など売買契約に関するものは規則上、キャンセル時には手付金の放棄が求められますが、賃貸借契約ではそういった類(俗に言う「手付け流れ」や「キャンセル料」)の金銭は発生しません。

万が一、不動産屋からそれらの要求をされた場合は「領収書をください」といえば、ほとんどのケースで返還されるはずです。(本当に領収書が発行されたら、それを持って消費者センターにいけば大丈夫です)

まあ、キャンセルする必要がないように、物件も不動産屋もしっかりと選ばれることが一番の防衛策ですので、皆さんもお部屋探しの前に不動産屋選びから始めてはいかがでしょうか?

最後に、同冊子からの一文を↓

「いくつかの物件を比較検討中でありながら、とりあえず入居申込書を書くというようなことはやめましょう」

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

19:00:02 | 仕事 | コメント(2) | page top↑
<<春のお部屋探しのポイント | ホーム | 春一番 (なのに雪だるま!?)>>
コメント
----

 質問ですが、その内容でしたら逆に家主サイドからしても、申込者がどんなに引越の準備をされていても、お金と契約書に印鑑をついていない以上キャンセルできますよね。実は申し込みを受け付けていたのですが、手付も何も頂いてませんでしたのでドタキャンしました。
借り手がドタキャンしてもペナルティがないのなら、もちろん逆もしかり、法律的にも何の問題もありません。そのリスクの説明はされていますか?
私は手付金が入らないと申込を頂いても手付金を入れた方を優先します。
過去にもめた事もありますが、裁判で負けた事はありません。その説明は不動産会社の義務ですよ。
その説明を十分にされないから、手付金の意味を履き違えるのです。
双方納得の上の合意なら問題ありません。
その説明が貴社ではできないのでしょうか?
by: 家主 * 2009/03/20 16:07 * URL [ 編集] | page top↑
--「家主」様へ--

>家主 様

コメントありがとうございます。
ハンドルネームが「家主」様ということで、賃貸マンションのオーナー様という前提でお応えさせて頂きます。弊社ではこの度のブログに記載させた頂いたとおり、手付金の有無に関らず、安易なお申込みは受け付けておりません。そのため、申込みのキャンセルといったこと自体がほとんどありません。

「家主」様のご意見の内容から、幾度かの申込みキャンセルにより、入居者の確保ができなかったことで不利益を被られた経験がおありだと思います。確かに申込みの期間中、入居者が募集できなかったなどの理由のため、その補填として手付金を充当したい気持ちもあると思います。
ですが、如何ともし難い事情(転勤の取り消し、進学の取り消しなど)以外の、自分の都合でキャンセルをされるような申込者様なら、勢いで入居していただかなくてよかったと、私は考えます。申込前からキャンセルを考えているような状態なら、たとえご入居いただいたとしても、長く、丁寧にお部屋をお使いいただくことは難しいと思うからです。
逆に、熟考の末、キャンセルを考えたが、手付金を預けているため勿体なくて入居したというお客様も同様です。長くお住まい頂けるとは思えません。

弊社とお取引いただいているオーナー様については、長く家主業を行われている方が多く、このような経験は私程度が思う以上におありのようで、いつも「いい人をお願いしますね」と言われますし、そのとおりだと考えます。

脱線しましたが、「家主」様のおっしゃるとおり、手付金としていくらかの金銭を預かる場合は、その用途説明は必要と思います。ですが、賃貸借契約において「手付金、またはそれに類する金銭」は定義すらなく、ブログ本文のような「返還義務」としての一文があるのみです。
ですので、「手付金」としてお金を預かる場合の用途説明は不動産会社それぞれによって様々かと思います。
その内容についての是非を問うことはできませんが、弊社では上記の理由から、いかなる理由によってのキャンセルでも手付金はお客様にお返ししています。

「家主」様にとって満足な回答になっているかはわかりかねますが、弊社にとっての「手付金の用途説明」はこのような形で行っておりますので、ご査収くださいませ。

最後になりましたが、弊社ブログをご一読いただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
by: 松本 * 2009/03/20 20:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。